お問い合わせ サイトマップ
お電話でのお問い合わせ・ご相談は082-228-4455 メールでのお問い合わせ
会社案内
  • 広島市中区上八丁堀8-26
    メープル八丁堀2階

    (女学院電停から徒歩2分)
    詳しい地図はこちら
  • 営業時間
    月〜金 9:00〜19:00
相続手続サポートセンター広島 特上カバチ!!田島隆・東風孝広 公式HP マイベストプロ広島

業務のご案内 「成年後見」

成年後見

判断能力が不十分なかたの財産を事情により処分するなどの必要がある場合は成年後見制度を利用しましょう!

成年後見制度とは
認知症・知的障害・精神障害などの理由で、判断能力が不十分なかたの不動産や預貯金などの財産を管理・処分したり、介護施設への入所やサービス利用に関する契約を結ぶなど、自分ですることが難しい場合があります。また自分に不利益な契約かどうか判断ができず、悪徳商法の被害にあうおそれをもあります。このような判断能力の不十分なかたを保護・支援するのが成年後見制度です。

成年後見制度の種類
成年後見制度は、大きく分けると「法定後見制度」と「任意後見制度」とがあります。
また法定後見制度は、「後見」・「保佐」・「補助」の3つに分かれており、判断能力や本人の事情に応じて選べるようになっています。

法定後見制度では、家庭裁判所によって選ばれた成年後見人等(成年後見人・保佐人・補助人)が、本人を代理して契約などの法律行為をしたり、本人の法律行為に同意を与えたり、本人が同意を得ないでした不利益な法律行為を取り消したりすることによって、本人を保護・支援します。

任意後見制度では、本人に十分な判断能力があるうちに、将来もし判断能力が不十分な状態になった場合に備えて、あらかじめ選んだ代理人に、自分の生活・療養看護や財産管理に関する事務について代理権を与える契約を公証人の作成する公正証書にしておくというものです。そうすることで、本人の判断能力が低下したのちに、任意後見人が契約もとづいて、家庭裁判所が選任する「任意後見監督人」の監督のもと、本人を代理して契約などを行うことによって、本人を保護・支援をすることが可能になります。

人生、いつ何が起こるかわからない!どんな状況でもご自身や家族の財産を守れるように事前のご準備を!

後見人を選任するにあたって適切な人は誰かといったことや手続きの方法などのアドバイス、書類の作成などをお手伝いします。
被後見人の症状などをもとに適切な制度の利用について、じっくりと相談して決めて行きましょう!
また、成年後見制度利用後の役割などについてもご説明いたします。

高齢化社会において、事前の準備も大切です。
お気軽にご相談ください。

自分や家族の財産のことでお悩みではありませんか?

  • 高齢の親が認知症みたいなのだが、財産の保全や売却等の対応はどうすれば?
  • 今はまだ認知症ではないが、将来認知症になった時のための対策を考えたい
  • 身体障害・知的障害の親族がいるので、将来のことが心配・・・